マッサージの効果とリスクについて

>

どうやったら、マッサージ効果を得られるの?

マッサージをするときの正しいやり方とは?

まず、別ページでも書いてある炎症を起こしているときなど、マッサージをしてはいけないときにしないこと、強くもみすぎないことが大切です。
これに加えて大切なことは、自分の体を知ることです。
どこに、大体どんな筋肉がついていて、どこに神経や血管があるかなどを、知らないままにマッサージをしてしまうと、あまりやらないほうがいい場所にしてしまい、体を傷つける危険性があります。
そして、自分の体質も知っておいたほうがよいでしょう。例えば、人に体を触られると体に力が入ってしまったり、マッサージの後に体がだるくなってしまう人は、マッサージ自体が体に合ってなかったりします。
これらのことを踏まえ、自分の体を労わりながらマッサージすることで、マッサージの効果を得ることができます。

自分に合った信頼できる店を探す方法とは?

店を探すときに、まず考えなくてはいけないことは、何を目的にマッサージをしたいのかです。
マッサージで気持ちよく、リラックスしたいのか。それとも、どこかの症状をよくしたいのかによって、どんな店を選ぶのかも変わってきます。
症状をよくしたいのに、気持ちがいいリラクゼーション系のマッサージを受けてしまうと、よけいに症状を悪化させてしまう場合があります。
つまり、自分でマッサージする場合も、店を探す場合も、自分の体のことを深く知る必要があります。
そして、自分に合った店を見つけたときは、その店の下調べをしっかりすることが大切です。
それによって、店の技術が確かかどうか、自分とその店がほんとにあっているのかがわかるので、店を失敗する可能性を低くすることができます。


この記事をシェアする

このページのトップへ